後悔しないために!振袖をレンタルする上で知っておきたい基本知識と選び方を紹介

当サイトでは後悔しないために押さえておくべき、振袖をレンタルする上で知っておきたい基本知識と選び方を紹介しています。
納得の1着を借りて着こなすためにも、チェックしておくことをおすすめします。
どのようなタイプのものが人気があるのか、今年のトレンドも徹底分析しているサイトです。
流行を押さえておきたい人におすすめです。
また購入ではなく借りて着るメリットにも触れているので、借りるべきか迷っている人にも参考になるはずです。

後悔しないために!振袖をレンタルする上で知っておきたい基本知識と選び方を紹介

振袖のレンタルの利用を検討しているので、まずは基本知識を押さえておきたいという人は多いのではないでしょうか。
振袖のレンタルは、成人式や結納などで着用する振袖を貸し出しているサービスです。
店によってコンセプトが異なるので、自分に合った振袖のレンタルを選ぶのがおすすめです。
また品揃えも異なりますので、好みのタイプの振袖が多いところを選ぶと着たい1着を見つけられる可能性が高まります。
そして価格や返却方法も事前に確認して選ぶと良いです。

着物と何が違うの?レンタルする前に理解しておきたい振袖の特徴

着物は主に和服の総称として使われる言葉で、たくさんの種類があり、一般的にイメージされる訪問着をはじめ、留袖や浴衣も着物の中に含まれます。
その中の一つが振袖で、その名の通り袖が長く華やかな印象を与えるのが特徴です。
着物に限らず服装には格式というものが存在し、振袖は着物の中でも未婚女性の第一礼装にあたります。
既婚女性の第一礼装は留袖になるので、未婚女性の着物の中で最も格式の高くなります。
一般的に、着物は袖が長いほど格式が高くなるといわれ、振袖の中でも種類が存在します。
長さが113cm程度あるものは本振袖とも呼ばれ、花嫁衣裳としてイメージされるものです。
白無垢のお色直しに見られるように、華やかで美しい柄が多いのが特徴です。
成人式で着られるのは袖の長さが100㎝前後で、ふくらはぎに届く程度の長さです。
卒業式で着用されることが多いのが60㎝から85㎝程度の二尺袖で、ほかの着物のように単体で着ることは少なく、袴などと合わせてコーディネートされます。

なぜ振袖を着るの?振袖の歴史を解説

成人式といえば、女性が色とりどりの華やかな振袖を着ている様子が浮かびます。
しかし、男性はスーツ姿がほとんどなのに対して、女性は洋装している人はほぼ見かけません。
では、成人式にはなぜ振袖を着るのでしょうか。
歴史とともに振り返ってみましょう。
元々女性の着物は袖の短い「小袖」が一般的でした。
それが江戸時代の初期から中期にかけて袖丈はどんどんと長くなっていきます。
理由については踊り子たちの衣装を一般庶民が真似をしたという説が有力です。
こうして、江戸時代から明治時代にかけて振袖は「未婚女性の第一礼装」と定着していきます。
さらに、長い袖は普段使いには邪魔になるため晴れ着として特別な行事に着用するものとなりました。
成人を祝う通過儀礼は、日本において昔から伝統行事として大切にされています。
普段とは異なる髪形や装いを整え、成人を祝う。
また、成人した自覚を持つ。
そんな大切な行事にはふさわしい礼装を、という意味を込めて振袖を着るのです。

何をレンタルすればいいの?振袖レンタルで必要なものをチェック!

成人式には振袖をレンタルするという方法は一般的になってきましたが、振袖や帯以外にも着こなしに必要な小物には沢山の種類があり、自分で予め用意しておく物からレンタルできる小物まで幅広いので、必要なものを事前にチェックしておくと安心です。
一般的にレンタルプランに予め含まれているのは、着物以外にも長襦袢に半襟、重ね衿に帯締め、帯揚に草履・バッグ、ショールなどが一般的です。
レンタルショップによっては髪飾りや草履・バッグなどは自身で持ち込みをする人もいるため、最初からプランに含まれておらずオプションサービスとなっていることもあるので、事前にどのアイテムがプランに組み込まれているのかチェックしましょう。
またレンタルができませんが、着付けで重要となるのが肌襦袢などの下着や足袋に関しては身につける人が別途で用意しなければいけないことが多く、事前に準備しておくと安心です。
自宅で着付けを行なう際に、着付けをサポートしてくれる物としてコーリンベルトやフェイスタオル・補正パッドなどを準備しておくと、自宅できれいなシルエットの着付けが行えます。

振袖レンタルする上でのお店選びのポイント

振袖は購入する方もいますし、姉妹で着まわすということであれば購入する方が安くすむことも有ります。
またお母さんの振袖を使ってママ振りにするというのもありです。
しかし今圧倒的に多いのはレンタルサービスを利用することです。
時代によって流行も違ってきますし、自分の着たいデザインというのも姉妹であっても違うことがあります。
その点レンタルであればその時その時で選ぶことが出来るというのが最大のメリットですし、管理をする手間がかからないという点もおすすめポイントです。
クリーニングに出したり、畳んでしまうというのは意外と手間がかかります。
レンタルであれば着てそのまま返却出来るので快適です。
お店選びのポイントですが、試着をするかしないかでも変わります。
呉服店などプロスタッフがいるお店であれば、アドバイスを受けながら探すことも出来ます。
兎に角費用を節約したいのであれば、ネット通販形式のレンタルショップがお勧めです。