レンタルしないなんて勿体ない!振袖をレンタルするメリット

レンタルしないなんて勿体ない!振袖をレンタルするメリット

成人式には好みの振袖を身に付けたいを考えている女性は多いですが、振袖は購入するべきかレンタルにしておくべきか迷われるケースが増えています。購入する場合は自分の体にぴったりなサイズで仕立てることが可能で、着たい時に何度でも着られることや姉妹で着回すことができるといった特徴がありますが、着る機会が少なく面倒なお手入れをせずコストを抑えて利用したいならレンタルする方法がおすすめです。振袖をレンタルするメリットは、なんといっても購入するよりも予算を抑えることができることにあり、着用後のクリーニングなどを行なう必要が一切なく、使用した後はそのまま借りたお店にそのまま返却するだけで良いので面倒なアフターケアが不要です。そして保管をしておく必要がないので、着物の収納場所を確保したり定期的に陰干しをするなどメンテナンスを行なう手間もいりません。次に着る場合は別の色柄に挑戦することができるので、色々な色柄の着物を着たいなら購入よりも借りるほうが向いています。

振袖をレンタルする場合と購入する場合の相場

振袖を購入する場合の相場は30万円〜40万円です。上質な素材を使ったものや有名作家がデザインした物であれば100万円以上するものもあります。また、着物を着るためには着付け小物や和装小物も必要になりますし、着用する場合は着付け代やヘアメイク代も必要になるため、これ以上の金額が必要になります。また、使用後はクリーニングに出した上で湿度などに気をつけながら保管しなければなりません。着物のクリーニングは一般的な洋服よりも手間がかかるため、クリーニング代は1〜2万円程かかります。振袖レンタルの相場については5万円〜25万円程度になっています。これだけ幅がある理由については、使用する着物の品質に大きな違いがあるからです。正絹を使ったブランド着物なら30万円以上する場合もありますし、新品オーダーならさらに高額になるケースもあります。一方、中古品でありスタンダードなデザインであれば安く借りることが出来ます。また、装飾が少ない着物や素材が安価な場合もリーズナブルに振袖をレンタルすることは可能です。さらに、レンタルサービスの場合、着付け、前撮り、小物などが料金に含まれていることが多く、クリーニング代不要のお店も多いんで、購入する場合に比べて経済的負担はかなり少なくなります。